薬剤師の転職と年齢の関係

真に自分を評価してくれる年齢まで頑張ること

3度目と4度目の転職活動は勤め先の閉店を機に行いましたが、当時はそれぞれ36歳と39歳で、30歳過ぎのときのような引く手数多な印象はありませんでした。
これくらいの人材になると、もう少し若さが欲しいのかもしれません。
何せ本当に多忙な業界ですから、体力勝負な部分はかなり大きいです。
若さと経験、スキルのバランスが最適なのは、32歳くらいの年齢だと思います。
薬剤師の仕事は今後も需要が減らないと言われており、きっとこの道を目指す人もこれから増えてくるでしょう。
私からお伝えしたいことは1つ、20代は我慢のときだということです。
需要が大きいと判ると少しのことで職場を変えたくなるかもしれませんが、真に自分を評価してくれる年齢まで頑張ることもどうか忘れないでください。

薬剤師の求人・転職サイトを90サイト比較し、本当に使える転職サイトを紹介しています。
この方法で年収100万アップできます。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXHWUp pic.twitter.com/7ZIKnFcGCu

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年11月9日

薬剤師として仕事を始め早18年26歳のときに最初の転職を経験真に自分を評価してくれる年齢まで頑張ること